住友化学、電池部材事業部を新設…リチウムイオン用セパレータ

自動車 ビジネス 企業動向
住友化学は、2009年1月1日付で、リチウムイオン二次電池用セパレータ「ペルヴィオ」を取り扱う「電池部材事業部」を情報電子化学部門に新設すると発表した。

ペルヴィオは、住友化学の有機合成技術やポリマー成形加工技術を生かし、ポリオレフィン基材とアラミド耐熱層を組み合わせた耐熱性に優れたセパレータ。

これまで、ペルヴィオは、本社部門で研究開発や販売を行ってきたが、事業の一層の基盤強化と早期拡大を図るため、組織を独立させ、情報電子化学部門に移管することにした。

今回の電池部材事業部の新設により、ペルヴィオの事業基盤を一層強化・拡大させていくとともに、リチウムイオン二次電池用の正極材や燃料電池用部材などについても早期の事業化を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集