ホンダとGSユアサ、合弁会社設立で合意…リチウムイオン電池を製造・開発

自動車 ビジネス 企業動向
ホンダとGSユアサ、合弁会社設立で合意…リチウムイオン電池を製造・開発
  • ホンダとGSユアサ、合弁会社設立で合意…リチウムイオン電池を製造・開発
  • ホンダとGSユアサ、合弁会社設立で合意…リチウムイオン電池を製造・開発
ホンダとGSユアサ・コーポレーションは、ハイブリッド車用を中心とした高性能リチウムイオン電池を製造・販売および研究開発する合弁会社を設立することで合意したと発表した。今後、2009年春ごろの新会社の設立を目指し、具体的な協議を開始する。

新会社の出資比率はGSユアサが51%、ホンダが49%で資本金は150億円程度の予定。本社は京都市南区、工場はGSユアサの長田野事業所(京都府福知山市)内に新設する。
 
ハイブリッド車は、CO2低減の観点から、有効な環境対応技術として、今後本格的な普及段階に入ることが予想される。特にリチウムイオン電池は、ニッケル水素電池よりもエネルギー密度や出力密度が大きく、今後ハイブリッド車用電池として需要が拡大することが見込まれている。今回リチウムイオン電池の製造・販売・研究開発で、GSユアサとホンダが技術力やノウハウを結集することで、さらなる性能向上や小型軽量化を図り、ハイブリッド車の普及促進に最大のシナジー効果を発揮できると判断した。
 
新会社が製造する電池は、GSユアサが開発したリチウムイオン電池「EH6」をベースに、構造や電極材料などを見直すことで、次世代のハイブリッド車に最適な性能を実現する予定。
 
GSユアサは三菱自動車ともリチウムイオン電池を開発・製造する合弁会社を設立している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集