【日産 キューブ 新型発表】運転席に180cm+・90kg+記者がフィット

自動車 ニューモデル 新型車

【日産 キューブ 新型発表】運転席に180cm+・90kg+記者がフィット
  • 【日産 キューブ 新型発表】運転席に180cm+・90kg+記者がフィット
  • 【日産 キューブ 新型発表】運転席に180cm+・90kg+記者がフィット
  • 【日産 キューブ 新型発表】運転席に180cm+・90kg+記者がフィット
  • 【日産 キューブ 新型発表】運転席に180cm+・90kg+記者がフィット
  • 【日産 キューブ 新型発表】運転席に180cm+・90kg+記者がフィット
  • 【日産 キューブ 新型発表】運転席に180cm+・90kg+記者がフィット
  • 【日産 キューブ 新型発表】運転席に180cm+・90kg+記者がフィット
19日に新型が発表された日産『キューブ』は欧米市場に輸出されるという。そこで、上背や肩幅と胸板の厚みなら欧米人に匹敵する180cm+・90kg+の記者が、運転席の寸法を体で測ってみた。

シートは「ソファのような」ということだったが、座り心地はいいものの、さすがに「根が生えてしまう」ほどではなかった。運転席が快適すぎるのも問題があるように思うので、ちょうどいいのではないだろうか。ステアリングを握った瞬間のフィット感は、結構ある。特に2WDモデルの「15X」に乗った時は、まさにピタっと来た。

ヒザ周りと足下は、どこかにぶつかったり、窮屈だったりはしない。しかし、ステアリングがチルト機構の上下だけでなくて、テレスコピック機構の前後もあればよかったと思う。欧米人の場合、足だけでなく手も長いだろうから、シートを前に出さなくても長い足に窮屈な思いをさせることなくステアリングをつかめるのかも知れないが。

足下に関しては、ブレーキペダルの位置は左足でも踏みやすく、なかなかいい具合だった。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集