ホンダ、エコドライブ支援システム開発…新型 インサイト に搭載

エコカー 燃費

ホンダ、エコドライブ支援システム開発…新型 インサイト に搭載
  • ホンダ、エコドライブ支援システム開発…新型 インサイト に搭載
  • ホンダ、エコドライブ支援システム開発…新型 インサイト に搭載
  • ホンダ、エコドライブ支援システム開発…新型 インサイト に搭載
  • ホンダ、エコドライブ支援システム開発…新型 インサイト に搭載
  • ホンダ、エコドライブ支援システム開発…新型 インサイト に搭載
  • ホンダ、エコドライブ支援システム開発…新型 インサイト に搭載
  • ホンダ、エコドライブ支援システム開発…新型 インサイト に搭載
  • ホンダ、エコドライブ支援システム開発…新型 インサイト に搭載
ホンダは、より低燃費な運転を支援する「エコロジカル・ドライブ・アシスト・システム」を新開発。2009年春からの販売を予定している新型『インサイト』に搭載する。

自動車の燃費は、ドライバーの運転の仕方により大きく影響するが、この「エコロジカル・ドライブ・アシスト・システム」は、より低燃費な運転方法を習得できるシステムを通じて、実用燃費を楽しく向上させることを目的に開発された。

システムは、エンジンとCVTを協調制御する「ECONモード」、メーターの色変化で燃費走行状況を表示する「コーチング機能」、低燃費運転の採点をする「ティーチング機能 - 採点機能 - 」の3機能で構成されている。

メーター内には、低燃費運転が上達するにつれて、画面内の「リーフ(葉)」が育つ表示機能を搭載。「リーフ(葉)」を長期間にわたって育てる楽しみを通じて、より低燃費な運転を目指してもらうシステムとしている。

また、日本仕様のインサイトでは、「Honda HDDインターナビシステム」装着車には、運転の仕方を分析し、低燃費運転のアドバイスを表示する「ティーチング機能 - アドバイス機能 -」も採用している。
《》

編集部おすすめのニュース

特集