大同メタル中間決算…増収増益 自動車向け、建機向け順調

自動車 ビジネス 企業動向

大同メタル工業が発表した2008年9月中間期の連結決算は、売上高が前年同期比9.3%増の359億1100万円、営業利益が同25.8%増の5億6400万円と増収増益となった。

自動車業界向けは輸出向けが好調で国内生産台数が増加したほか、海外生産もアジア地域で拡大した。建設機械も国内向けの落ち込みを輸出がカバーした。
 
関係会社評価損を特別損失として計上、経常利益は同56.2%減の1億7000万円、当期損益は4億0700万円の赤字となった。
 
通期連結業績見通しは売上高が同0.5%増の684億円、営業利益が同153.2%増の22億円、経常利益が同252.3%増の12億円、当期損益が3億円の赤字となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集