トリニティ工業中間決算、自動車部品不振で減収減益

自動車 ビジネス 企業動向
トリニティ工業が発表した2008年9月中間期の連結決算は、売上高が前年同期比35.8%減の203億5000万円となった。

自動車部品部門はトヨタ『ランドクルーザー』、『アルファード』などの内装部品、『クラウン』の外装部品の生産・販売が低迷した。
 
収益では設備部門の塗装設備納入は順調だったものの、自動車部品部門の不振で営業利益は同63.4%減の3億7800万円、経常利益が同45.4%減の7億3500万円、当期純利益が同56.5%減の3億9100万円だった。
 
通期業績見通しは前回発表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【池原照雄の単眼複眼】設備投資は減るが、研究開発費はどうする? 画像 【池原照雄の単眼複眼】設備投資は減るが、研究開発費はどうする?
  • 東洋ゴム中間決算…当期赤字に転落 米国販売不振など 画像 東洋ゴム中間決算…当期赤字に転落 米国販売不振など
  • 静岡スバル中間決算…スバル登録車とポルシェ販売好調で当期黒字に 画像 静岡スバル中間決算…スバル登録車とポルシェ販売好調で当期黒字に
  • トヨタの木下副社長「厳しい状態は来期も続く」 画像 トヨタの木下副社長「厳しい状態は来期も続く」

特集