【シトロエン C5 試乗】とろけそうな世界…森口将之

試乗記 国産車

【シトロエン C5 試乗】とろけそうな世界…森口将之
  • 【シトロエン C5 試乗】とろけそうな世界…森口将之
  • 【シトロエン C5 試乗】とろけそうな世界…森口将之
  • 【シトロエン C5 試乗】とろけそうな世界…森口将之
  • 【シトロエン C5 試乗】とろけそうな世界…森口将之
  • 【シトロエン C5 試乗】とろけそうな世界…森口将之
見た目はBMWっぽい感じもする新型『C5』。でも全長以上にホイールベースを伸ばし、幅を広げる代わりに高さを低めて、かつての『エグザンティア』や『BX』に似たスマートなプロポーションを取り戻している点も見逃せない。

おかげでキャビンは高さではなく長さで広さを表現するパッケージングが復活。『C6』とは違う意味で原点回帰しているのだ。それにしても、毎度のことながらシートはすばらしい。とくにリアは折り畳み式なのに「どうして?」と思えるほど座り心地がいい。

しかも足は「ハイドラクティブIIIプラス」。「2.0」と「3.0エクスクルーシブ」とではチューニングが違っていて、ラグジュアリー方向に振った3.0のそれはマジでとろけそう。同じようにオイルやガスを使った他車では絶対味わえない、シトロエンならではの世界だ。

それでいて今度のC5はコーナーも楽しい。昔のシトロエンのように前輪がすべてを決める感じではなく、4輪がバランスよくグリップを受け持ってくれるので自然に曲がれる。C6に比べてさりげないぶん、日常のなかでその個性を味わえるのも魅力だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★

森口将之|モータージャーナリスト
試乗会以外でヨーロッパに足を運ぶことも多く、自動車以外を含めた欧州の交通事情にも精通している。雑誌、インターネット、ラジオなどさまざまなメディアで活動中。著書に『クルマ社会のリ・デザイン』(共著)など。
《森口将之》

編集部おすすめのニュース

特集