ルネサス、運転支援システム制御用マイコンを製品化

自動車 ニューモデル 新型車

ルネサス、運転支援システム制御用マイコンを製品化
  • ルネサス、運転支援システム制御用マイコンを製品化
ルネサステクノロジは、自動車の運転支援システムに必要な車載カメラやミリ波レーダーシステムなどの制御向けに、従来品と比べて高性能化した32ビットフラッシュメモリ内蔵マイコン『SH74504』『SH74513』を製品化し、2009年2月からサンプル出荷を開始すると発表した。

新製品は、同社のSuperHファミリの最上位CPUコア「SH-4A」の搭載と、90ナノメートル・プロセスの採用により、フラッシュメモリ内蔵マイコンでは業界最高速の240MHz動作と、2Mバイトのフラッシュメモリ、512KバイトのSRAMを内蔵するなど、内蔵メモリの大容量化を実現した。

これにより、障害検知や危険回避のための大容量センシングデータなどを高速で、きめ細やかに処理可能で、運転支援システムの高性能化が図れるとしている。

また、車載用ネットワークのCANを5チャネル内蔵しており、SH74504では次世代規格のFlexRayも2チャネル内蔵している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集