ニチアス中間決算…減収減益 半導体関連や自動車部品低調

自動車 ビジネス 企業動向

ニチアスが発表した2008年9月中間期の連結決算は、営業利益が前年同期比31.6%減の50億7200万円と大幅減益となった。

自動車メーカーの生産調整の影響で自動車部品の需要が低迷したほか、半導体製造関連製品、建材部門も不振で売上高は同9.3%減の779億3200万円と減収だった。
 
売上げ低迷で収益も悪化、経常利益は同32.0%減の51億2400万円と減益だった。当期純利益は23億900万円だった。
 
通期業績見通しは、自動車部品が予想よりも下回るほか、半導体製造装置関連製品の需要も低水準で推移する見通しから、下方修正した。売上高は前回予想よりも20億円マイナスの1560億円となる見通し。営業利益は102億円から90億円、経常利益は100億円から85億円にそれぞれ下方修正した。
 
当期純利益は56億円を予想していたが40億円にとどまる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集