ホンダ、ATとCVTの生産工場を新設

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダは、世界規模で需要が高まっている四輪車用オートマチックトランスミッション(AT)とCVT(無段変速機)の生産体制を強化するため、浜松製作所内に四輪車用のトランスミッション工場を新設すると発表した。

浜松製製作所にある二輪車工場は、2009年中に熊本製作所へ移管予定で、この跡地の一部に新工場を建設し、既存設備の移設と新ラインの導入によって先進技術を駆使した高品質で高効率な生産システムを確立する。

浜松製作所のATおよびCVT完成機の生産能力は、現在の70万基から110万基に増強する。新工場は2010年中の稼働を予定しており、関連投資額は約140億円を見込んでいる。

浜松製作所では既に、生産の効率化をめざし、所内に分散していたトランスミッションギアの生産工程を整備して機械加工領域の一貫生産を行っている。今回の新工場にトランスミッションの組み立て工程を集約するとともに、所内の物流体制を整備し、高効率な生産体制を構築する。

また、新工場に導入する新ラインは、ATとCVTを需要にあわせてフレキシブルに生産できる形態とし、トランスミッション生産の総合的な競争力の向上を図る。

新工場は、屋上の緑地化や雨水利用の促進、自然光の採用など様々な観点から環境対応を図っていく計画だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集