【WRCラリージャパン】哀川翔、初挑戦で完走

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【WRCラリージャパン】哀川翔、初挑戦で完走
  • 【WRCラリージャパン】哀川翔、初挑戦で完走
  • 【WRCラリージャパン】哀川翔、初挑戦で完走
  • 【WRCラリージャパン】哀川翔、初挑戦で完走
  • 【WRCラリージャパン】哀川翔、初挑戦で完走
  • 【WRCラリージャパン】哀川翔、初挑戦で完走
ラリージャパンは、10月31日から11月2日までの3日間、北海道札幌市近郊を舞台に繰り広げられた。哀川翔と『MEN'S TENORAS with Show Aikawa RALLY TEAM』(N3クラス)は、ラリージャパンに初挑戦。総合順位は57台の最下位ながらも、86台スタートの中で完走を果たした。

ドライバー哀川翔選手のコメント:「絶対に完走しなきゃいけないと思っていたのに、昨日リタイアしているから、今日は必ず最後まで走りぬいてやると思った。帰ってきたらみんながお帰りって言ってくれる。あれがいいですね。ゴールしたとき涙がでそうになった。本当に、コドライバーを安東さんがやってくれてよかったです。完走できて、ものすごくうれしい!!」

コドライバー安東貞敏選手のコメント:「完走できて、正直言ってほっとしています。しいていえば2日目のリタイアが悔やまれます。悪いコンディションの中、よくアクセルを踏んでくれました。どうもありがとうございました」

哀川安東組は2日目のSS13の中盤でタイヤバーストからコースオフ、リタイア。両選手とも怪我はなく、車の損傷もほとんどなかったため、スーパーラリーシステムを適用しペナルティを得た上で3日目も出走した。

2008年ラリージャパンはWRC(世界ラリー選手権)14戦目となる。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集