日本LCA、デッド・エクイティ・スワップによる新株発行

自動車 ビジネス 企業動向
日本LCAは、デッド・エクイティ・スワップによる新株を発行すると発表した。

同社は2008年5月期に多額の赤字を計上、財務体質を含めた経営体質の改善が急務となっている。早期に純資産を回復させ、債務超過の解消が最重要課題であるため、資本増強のため、デッド・エクイティ・スワップによる新株発行を実施する。引き受け先は同社子会社が運営する「愛車広場カーリンク」のフランチャイジー3社。

発行価格は1株につき35円としてそれぞれ借入金と相殺する。自動車販売・整備事業を手掛けるデーショップが85万7100株を、自動車販売事業者のオートシステム21が42万8500株、淡路ホンダ販売が28万5700株をそれぞれ引き受ける。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • リンテック、米国子会社を再編---販売と開発機能を一体化 画像 リンテック、米国子会社を再編---販売と開発機能を一体化
  • JVCケンウッドホールディングス、今期の業績見通しを発表 画像 JVCケンウッドホールディングス、今期の業績見通しを発表
  • フォード、マツダ株の一部を売却へ 画像 フォード、マツダ株の一部を売却へ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース