ニューモニクスとエルピーダ、ファンダリ契約を締結

自動車 ビジネス 企業動向
ニューモニクスとエルピーダメモリは、エルピーダの広島にある最先端の300ミリウエハファブを使用したNORフラッシュメモリの製造に関し、正式にファンダリ契約を締結したと発表した。

今回のファンダリ契約により、ニューモニクスは生産量を高めながら、携帯電話や組込み機器に広く使われている大容量NORフラッシュメモリの製造コストの削減が図れる。

両社とも、すでにエルピーダの広島工場で技術移転と開発に着手しており、2009年中に最初の生産を開始する予定だ。エルピーダは、月産約12万枚のウエハ生産能力の一部を、ニューモニクスの65ナノメートルプロセスNORフラッシュメモリ製品と、今後計画している45ナノメートルプロセスの製造に割り当てる予定。

エルピーダとの契約締結により、最先端のリソグラフィ装置と300ミリウエハの相乗効果が生まれ、ニューモニクスは競争力の強化を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • NECエレクトロニクス、車載マルチメディア機器向けマイコン9品種をサンプル出荷 画像 NECエレクトロニクス、車載マルチメディア機器向けマイコン9品種をサンプル出荷
  • パナソニック、イメージセンサー事業増強へ…砺波工場に新棟建設 画像 パナソニック、イメージセンサー事業増強へ…砺波工場に新棟建設
  • 三洋電機、韓国の半導体組立工場を閉鎖へ 画像 三洋電機、韓国の半導体組立工場を閉鎖へ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース