日本LCA、上場廃止を逃れる

自動車 ビジネス 企業動向
日本LCAは、9月に月間平均時価総額および月末時価総額が10億円以上となり、東京証券取引所の上場廃止基準に該当しないことになった。

同社株式は、8月の月末時価総額が10億円未満となったが、株価が上昇したことにより、9月の月間平均時価総額及び月末時価総額が10億円以上となった。

9月の月間平均株式時価総額は13億3756万4455円、9月末の株式時価総額は17億1125万580円だった。

同社では、今後の業績及び事業の展開は、新経営体制の下、グループの組織再編成、利益構造の改善による安定収益の確保、第三者割当増資などによる財務体質の強化を引き続き進めるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 日本LCA、上場廃止の危険 時価総額が10億円割り込み 画像 日本LCA、上場廃止の危険 時価総額が10億円割り込み
  • 三井鉱山、新日鉄と住友商事の持分法適用会社に 画像 三井鉱山、新日鉄と住友商事の持分法適用会社に
  • ケンウッドと日本ビクター、自己株式を消却 経営統合前に 画像 ケンウッドと日本ビクター、自己株式を消却 経営統合前に
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース