【三菱 トッポ 新型発表】新型というよりも復刻版?

自動車 ニューモデル 新型車
【三菱 トッポ 新型発表】新型というよりも復刻版?
  • 【三菱 トッポ 新型発表】新型というよりも復刻版?
  • 【三菱 トッポ 新型発表】新型というよりも復刻版?
  • 【三菱 トッポ 新型発表】新型というよりも復刻版?
  • 【三菱 トッポ 新型発表】新型というよりも復刻版?
  • 【三菱 トッポ 新型発表】新型というよりも復刻版?
  • 【三菱 トッポ 新型発表】新型というよりも復刻版?
  • 【三菱 トッポ 新型発表】新型というよりも復刻版?
三菱から発売された新型『トッポ』のエクステリアデザインは、よく見てみると5年前に絶版となっていた『トッポBJ』によく似ている。特にサイドからリヤにかけては、ほとんど同じようにも見える。

それもそのはずで、新型トッポのボディシェルやガラス、ドアやリヤゲートはトッポBJから流用されているのだ。そして、『eKワゴン』に似ているように見えるフロントマスクも、ボンネットやヘッドライトは『eKスポーツ』と同じパーツが使われている。

三菱自動車 商品企画部の葛西宏樹さんは「新型トッポはトッポBJやeKスポーツのパーツを使うことで開発の日程を短縮することができ、開発費を抑えることで車両本体価格の低価格化を図りました」とコメント。

確かに部品の流用や共用化はコストを下げるのには効果的な手段だが、5年前に販売を中止したボディが復活して、現在販売しているモデルのライトやボンネットが組み合わされるという話は、今まであまり聞いたことがない。

プラットフォームは現行のeKワゴンと共通なので、衝突安全性などは現代の水準になっているというが、eKワゴンも元々はトッポBJをベースに作られているので、元をたどればトッポBJと同じと言えなくもない。

開発コストを下げて車両価格を抑えるのも重要だが、もう少しオリジナリティのあるデザインを取り入れることも必要だろう。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

  • 【トヨタ iQ プロトタイプ】商品着想は、欧州のスマート専用駐車場から 画像 【トヨタ iQ プロトタイプ】商品着想は、欧州のスマート専用駐車場から
  • 日産 オッティ マイナーチェンジ…燃費改善 画像 日産 オッティ マイナーチェンジ…燃費改善
  • 【三菱 パジェロミニ 改良新型】MRでのフルモデルチェンジは消滅? 画像 【三菱 パジェロミニ 改良新型】MRでのフルモデルチェンジは消滅?
  • 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】成功への台本…トールワゴンをもう1台 画像 【ダイハツ ムーヴコンテ 発表】成功への台本…トールワゴンをもう1台
  • スバル R2 / R1 シリーズ 一部改良 画像 スバル R2 / R1 シリーズ 一部改良

特集