世界に1台、伝説のランボルギーニが40年ぶりに復活

自動車 社会 行政
世界に1台、伝説のランボルギーニが40年ぶりに復活
  • 世界に1台、伝説のランボルギーニが40年ぶりに復活
  • 世界に1台、伝説のランボルギーニが40年ぶりに復活
  • 世界に1台、伝説のランボルギーニが40年ぶりに復活
世界に1台しか存在せず、この25年間、行方知らずとされてきたランボルギーニ『ミウラスパイダー』が、アメリカでオリジナル状態に復元された。2008年11月に『ランボルギーニミウラバイブル』を出版するベローチェ社が明らかにしている。

ミウラは1966年3月のジュネーブショーで発表された2シーターのミッドシップスポーツカー。ベルトーネの手による美しいボディには、最大出力350ps、最大トルク37.5kgmの3.9リットルV12を搭載。980kgの軽量ボディと組み合わされ、最高速度278km/hを誇った。当初、P400という仕様名だったミウラは、1969年に370psのP400S、1971年に385psのP400SVに発展し、1973年までの7年間に累計750台が生産された。

そのミウラをオープン化したのが、スパイダー。1968年のブリュッセルモーターショーで初公開され、正式車名は「ランボルギーニ・ベルトーネ・ミウラ・スパイダー」という。市販を前提に製作されたコンセプトカーだったが、ボディ剛性不足から市場投入は見合わされ、結局、コンセプトカー1台が生産されたに過ぎない。

そんな貴重なミウラスパイダー、オリジナルはライトブルーのボディカラーにオフホワイトの本革内装、赤いカーペットという仕様だったが、1969年にメタリックグリーンに塗装を変更。その後、世界中のモーターショーで展示されたが、1980年代初頭にランボルギーニ社の元を離れ、日本人を含む世界のコレクターの間を転々としていた。そして今回、米国在住のコレクターの元でオリジナル状態にレストアされた。

生産後、40年を経てよみがえったミウラスパイダー。『カウンタック』のルーツとなったモデルだけに、今見てもそのスタイリングは新鮮だ。スーパーカーブームに狂喜した世代にとっては、懐かしく感じるに違いない。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • カロッツェリア・ベルトーネの破産手続き開始 画像 カロッツェリア・ベルトーネの破産手続き開始
  • フェラーリ カリフォルニア 開発…シューマッハが参画 画像 フェラーリ カリフォルニア 開発…シューマッハが参画

特集