ポルシェ カイエン の救急車---シュトゥットガルト

自動車 ビジネス 企業動向
ポルシェAGは、救急車仕様のポルシェ『カイエン』をシュトゥットガルト市の消防局救急課に2台納車したと発表した。

フロリアンシュトゥットガルト5/82-1および5/82-2という無線呼出名称が与えられた2台のポルシェ救急車は9月8日にツッフェンハウゼンで、ポルシェAGの人事担当のトマス・エディヒ取締役からシュトゥットガルト市の法律・治安・公安担当のマルティン・シャイラー助役に引き渡された。

入札の結果、シュトゥットガルト市はポルシェAGに2台の救急車を発注した。ベースを白にペイントされた2台のカイエンは、混流生産した後、ポルシェのトレーニングセンターで、消防局指定の仕様に沿って変更が加えられた。複雑な救命医療機器を搭載できるよう、車内は完全に作り変えられている。

さらにこのカイエンには、無線機器、無線データ伝送システム、細長いブルーの救急灯、サイレン、指令本部が車両の所在地を把握できるようにするためのGPSが装着されている。医療機器としては、心電図(ECG)、除細動器(心臓停止時に電気ショックを与える装置)、呼吸補助装置、幼児用の救急機器、各種の医薬品などが積み込まれる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集