日本LCA、売掛債権譲渡で特別損失を計上

自動車 ビジネス 企業動向
日本LCAは、売掛債権を譲渡することから1億3700万円を特別損失に計上すると発表した。

同社では債権管理業務の効率化を高め、収益向上へ向けて専念できる体制を構築することを目的に、保有する売掛債権の一部を譲渡する。

この売掛債権は、日本LCAが受注した業務の一部を譲渡先に業務委託しており、両社間の請求、入金処理などの業務削減は、両社にとってメリットがあると判断したとしている。

譲渡先はMS&コンサルティングで、譲渡する債権は2億5700万円。日本LCAの業績に与える影響は折込み済み。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ユーシン、通期の業績見通しを下方修正 画像 ユーシン、通期の業績見通しを下方修正
  • 日本LCA、特別損失を計上…投資有価証券売却で 画像 日本LCA、特別損失を計上…投資有価証券売却で
  • 旭テック、最終赤字を下方修正 メタルダインの減損損失などで 画像 旭テック、最終赤字を下方修正 メタルダインの減損損失などで
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース