トヨタ カーバイト、福岡県でも開始…スポンサーはアビスパ福岡

トヨタ自動車は、新車購入者が広告を車両に取り付けることで報酬を得る新車購入サポート「カーバイト」を、北海道、神奈川県に続いて福岡県でも開始する。

自動車 社会 行政
トヨタ自動車は、新車購入者が広告を車両に取り付けることで報酬を得る新車購入サポート「カーバイト」を、北海道、神奈川県に続いて福岡県でも開始する。

『カローラフィールダー』、『カローラルミオン』の2車種を15台限定で、トヨタカローラ博多、トヨタカローラ福岡を通じて販売する。

カーバイトは、トヨタ車を新車で購入する際にスポンサー企業の広告を車両に取り付け、一定距離を走行することで、所有者がバイト代として総額6万円の報酬を受け取るというもの。

デザイン性の高いラッピングを車体に広告として取り付け、スポンサーから広告収入を得ることで経済的な負担を軽減し、若年層を中心に、カーライフの楽しさや生活の広がりを感じてもらうことを狙いとしている。

福岡県のスポンサーは、サッカーJリーグのアビスパ福岡に決定した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集