首都高、5号池袋線でう回を実施…タンクローリー火災事故

自動車 社会 行政
首都高、5号池袋線でう回を実施…タンクローリー火災事故
  • 首都高、5号池袋線でう回を実施…タンクローリー火災事故
首都高速道路は、3日午前5時52分に首都高速5号池袋線(下り)熊野町ジャンクションにおいて発生した、タンクローリー横転・車両火災事故に伴う復旧工事が完了するまでの間、う回措置を実施すると発表した。

迂回は、4日21時から開始していて、期間は当面の間としている。対象となる料金所では、通常、「ETC専用レーン」として運用しているレーンについても、当面の間、「一般レーン」として運用される。

う回対象料金所(5料金所)
●5号池袋線(下):板橋本町

●5号池袋線(上):北池袋、護国寺

●中央環状線:王子北(外)、西池袋



通行の方法

う回する場合
●現金で支払い

う回のため再度利用する料金所で一旦停止の上、料金所の収受員に、う回する旨を申し出る。


●ETCを利用

再度料金所に入る前にETCカードが車載器に差し込まれていないことを確認して、う回のため利用する料金所で一旦停止の上、料金所の収受員に、う回する旨を申し出る。


通常利用の場合
●現金で支払い

通常どおり、料金所の収受員に通行料金を支払う。


●ETCを利用

料金所で一旦停止の上、料金所の収受員に、ETCカードを渡す。料金所の収受員が、通行に必要な課金処理をする。
この場合でも、ETC無線通行とみなしETC割引を適用した通行料金となる。
《》

編集部おすすめのニュース

特集