日野、トラック・バスを7月から一斉値上げ

自動車 ビジネス 企業動向

日野自動車は、7月1日から大型トラック・バスの価格を引き上げると発表した。平均値上げ率は1.9 - 3.0%で、大型トラックが平均30 - 35万円、中型トラックが18万円、小型トラックが10万円の値上げとなる。バスも15万 - 50万円の値上げとなる。

今後、いすゞ自動車や三菱ふそう、日産ディーゼルのトラックメーカーも値上げに追随するのは確実。全車種を一斉値上げするのは1991年以来、17年ぶり。今後は、トヨタ自動車をはじめとする乗用車メーカーの動向が注目される。

原油・鉄鉱石・希少金属など多くの原材料が高騰している。日野では原材料メーカー、部品メーカーの協力の下、原価低減努力を続けきたものの、一企業の努力だけではこれを吸収できないため、やむを得ず値上げに踏み切る。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集