三菱ふそう、副会長に鈴木孝男氏が就任

自動車 ビジネス 企業動向

三菱ふそうトラック・バスは、独立行政法人中小企業基盤整備機構の理事長を退任する鈴木孝男氏が7月開催予定の臨時株主総会の承認を経て取締役副会長に就任すると発表した。

鈴木氏は7月1日付けで顧問に就任した後、副会長に就任する。鈴木氏は、通産省(現・経済産業省)の機械情報産業局自動車課長や環境立地局長を経て1996年に中小企業金融公庫理事、1998年に日本自動車工業会の副会長兼専務理事を経て、2006年から中小企業整備機構の理事長を務めて、6月に退任している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集