三菱自動車、中国合弁会社にATのライセンス供与

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車は、中国のパワートレイン合弁会社のハルピン東安汽車発動機製造有限公司(DAE)と、オートマティックトランスミッション(4速AT、5速AT)のライセンス供与契約で合意し、26日ハルピンで調印式を行った。

DAEは2008年3月から新工場の建設に着手しており、2010年4月からの操業開始する予定だ。生産開始時の生産能力は年産15万台、初年度は5万台を生産する計画だ。

三菱自は、1998年のDAE設立時に15.3%出資し、これまで1.3 - 2.0リットルのガソリンエンジンと5速マニュアルトランスミッション(MT)の技術援助を行ってきた。

今回新たにATの生産ライセンスを供与する。この技術移転により、三菱自は、DAEのビジネスパートナーだけでなく、中国の自動車メーカーにも広く、長年培ってきたAT技術を展開することになる。

また、現地生産体制の構築により、今後も需要の増加が予想されるATのニーズに対応していくDAEを引き続きサポートしていく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集