BP、東証へ上場廃止を申請

自動車 ビジネス 企業動向

BPは、東京証券取引所における普通株式の上場廃止を決定し、東京証券取引所に有価証券上場廃止申請書を提出した。

同社は、株式上場体制の複雑さを軽減するため、株式を上場する証券取引所について見直しを行っている。この一環として、ここ12か月間でNYSE Arca(電子証券取引所)およびシカゴ証券取引所における上場を廃止し、現在は、スイス証券取引所で上場廃止の手続に入っている。

見直しの結果として、東京証券取引所における上場廃止も決定した。

今回の上場廃止の決定は、同社の株式が取引されているその他の証券取引所に比べて市場に参加する投資家が減少しており、東京証券取引所における株式の売買高が僅少なものとなっているためとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集