【スバル エクシーガ 発表】ミニバンを感じさせないエクステリア

自動車 ニューモデル 新型車

【スバル エクシーガ 発表】ミニバンを感じさせないエクステリア
  • 【スバル エクシーガ 発表】ミニバンを感じさせないエクステリア
  • 【スバル エクシーガ 発表】ミニバンを感じさせないエクステリア
  • 【スバル エクシーガ 発表】ミニバンを感じさせないエクステリア
  • 【スバル エクシーガ 発表】ミニバンを感じさせないエクステリア
  • 【スバル エクシーガ 発表】ミニバンを感じさせないエクステリア
富士重工業初のミニバンとなるスバル『エクシーガ』のエクステリアデザインは、3列シートのミニバンとは思えぬ軽快感のあるデザインに仕上がっている。一見すると『レガシィ ツーリングワゴン』と見間違えてしまうほどスポーティなスタイリングだ。

スバル商品企画本部 プロジェクトゼネラルマネージャー大雲浩哉さんは「とくにレガシィを意識したわけではありませんが、ボディの厚みや全高の高さを感じさせないフォルムを目指しました」

「フロントグリルはレガシィなどと共通コンセプトのスプレットウイングスグリルを採用していますが、ブルーレンズをあしらった精悍なヘッドランプや立体感のあるボンネットフードを組み合わせることで、エクシーガは独自の存在感を発揮していると思います」

「エクステリアはコンフォート系とスポーティ系の2タイプを用意していますので、幅広いお客様にエクシーガを選んでいただける設定としました」とコメント。

確かによく見るとエクシーガ固有のデザインが数多く見られ、レガシィとの違いはすぐに認識できるようになるだろう。

ツーリングワゴンのようなスタイリッシュなフォルムに3列シートミニバンパッケージングを融合したエクシーガのスタイリングは、レガシィやインプレッサからの買い替えを考えている人にとっては受け入れやすいデザインといえる。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集