出光、ポリカーボネート樹脂を値上げへ

自動車 ビジネス 企業動向

出光興産は、ポリカーボネート(PC)樹脂「タフロン」の価格を値上げすると発表した。7月1日出荷分からで、値上げ幅は一般グレードが1kg当たり42円以上、難燃グレードが52円以上の値上げとなる。

原油およびナフサ価格の上昇を受け、主原料であるビスフェノールAをはじめ、PC樹脂の原料およびユーティリティコストが一層上昇している。需給タイト化懸念による原油価格の高値維持、中国・インドを中心としたアジアでの石油・石油化学製品需要の増加などにより、ナフサをはじめとする石油化学原料は今後も高値圏を維持すると予想されている。

同社としては、一層のコストダウン・合理化に努力するものの、顧客への安定供給を果たすため、価格改定を実施するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集