【日産 ティアナ 新型発表】エンジン排気量アップとナチュラルなCVT

自動車 ニューモデル 新型車

【日産 ティアナ 新型発表】エンジン排気量アップとナチュラルなCVT
  • 【日産 ティアナ 新型発表】エンジン排気量アップとナチュラルなCVT
  • 【日産 ティアナ 新型発表】エンジン排気量アップとナチュラルなCVT
  • 【日産 ティアナ 新型発表】エンジン排気量アップとナチュラルなCVT
  • 【日産 ティアナ 新型発表】エンジン排気量アップとナチュラルなCVT
  • 【日産 ティアナ 新型発表】エンジン排気量アップとナチュラルなCVT
  • 【日産 ティアナ 新型発表】エンジン排気量アップとナチュラルなCVT
  • 【日産 ティアナ 新型発表】エンジン排気量アップとナチュラルなCVT
日産の上級セダン新型『ティアナ』のパワートレインのポイントは、先代モデルで売れ筋となっていた2.3リットルモデルが2.5リットルエンジンに排気量拡大されたことだ。

先代までの2.3リットルモデルはスムーズな回転フィーリングはよかったものの、低回転域のトルクが細く、さらに4速ATだったので高回転側の領域を多用しがちだった。

新型ティアナの商品企画を担当した商品企画本部 成定竜志さんは「新型ティアナに搭載される専用の2.5リットルのV6エンジンは、排気量の拡大や冷却性能の向上により、先代に対して12ps/0.8kgmほどパワーアップしています」と語る。

エンジンの排気量を拡大することで低速域の力強さが増し、さらに新開発の変速ロジックを採用したエクストロニックCVTを組み合わせることで、全域でスムーズな加速を実現しているという。

成定さんは「新エンジンはCVTとの相性もよく、1600rpmで最大トルクの80%を発揮してくれるので、非常にスムーズに走ってくれます。100km/hまでの加速性能も先代の2.3リットルよりも0.2秒向上しています。新型のエクストロニックCVTはアダプティブシフトコントロールが採用され、従来のCVTよりもダイレクト感のある加速と俊敏なアクセルレスポンスを実現しました」

「上級グレードに採用されている3.5リットルエンジンも新型となり、2.5リットルエンジン同様に連続可変バルブタイミングコントロールの作動域を拡大して、最高出力を21psも向上させています。4WDに搭載される直4の2.5リットルエンジン(4速AT)も改良を施して、出力を4%向上しました」とコメント。

ティアナのボディサイズで2.3リットルエンジンは少し不足だったことは事実。排気量アップをしながら10・15モード燃費は1リットルあたり0.8km改善されているので、主力モデルが2.5リットルエンジンとなったのは歓迎すべきことだろう。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集