ガソリン混入した灯油を販売---購入者2人が不明 出光系SSで 6月1-2日

エコカー 燃費

出光興産は、同社系列のセルフ天理インターサービスステーション(SS)で、ガソリンが混入した灯油を販売する事故が発生したと発表した。

消防、警察の広報車による呼びかけなどによって回収を行っており、灯油を購入者への連絡に全力をあげているが、現在2人の顧客の所在が不明。最悪の場合、火災の危険性もある。

ガソリンが混入した灯油を販売したのは6月1日午前10時45分から6月2日午後3時30分までの間。8人に227.29リットル販売した。このうち、すでに2人、49.72リットルの灯油を回収した。残る6人、177.57リットルのうち、クレジットカードで購入した4人119.57リットル分はすでに連絡がとれているが、現金で購入した2人の所在が不明。

同社ではガソリンが混入した原因は現在調査中としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集