シャープとエリーパワー、大型リチウムイオン電池を共同開発へ

自動車 ビジネス 企業動向
シャープとエリーパワーは、太陽光発電システムと連携する大型リチウムイオン電池の共同開発で合意した。両社は蓄電能力の高いリチウムイオン電池の新規材料開発やコスト競争力の高い量産技術の確立を目指す。

これに伴ってシャープはエリーパワーが実施する第三者割当増資による株式の割当てを引き受けるとともに、エリーパワーに社外取締役を派遣する。シャープはエリーパワーの増資300万株を6億円で引き受ける。増資後の出資比率は32.1%。

両社は将来にわたって需要が見込める「自律度向上型太陽光発電システム」の実用化に向けて注力する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集