ホンダ年央会見…八千代工業が軽自動車を一貫生産

自動車 ビジネス 企業動向
ホンダは、軽自動車の生産を委託する八千代工業の四日市製作所が新工場を建設し、熊本製作所からエンジン生産を移管、エンジンから完成車まで一貫した高効率な生産体制を構築する。

これにより、ホンダの軽自動車をエンジンから完成車まで一貫生産体制を構築して競争力を強化する。

これは、日本で高まっている軽自動車のニーズに対応するためで、商品力の強化とともに、商品を作り出す工場も大きく進化させ、商品と生産を強く結びつけた、軽自動車事業の改革が目的としている。

また、日本の軽自動車事業だけを視野に入れているのではなく、コストや顧客の期待の面で大変厳しい軽自動車分野で、抜本的改革に取り組み、軽自動車市場でコスト競争力を強化することが、今後、グローバルで激化する競争においても大きな力となるためとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集