NTTデータ、自治体の情報公開を支援…電子地図を使う

自動車 テクノロジー ネット

NTTデータ、自治体の情報公開を支援…電子地図を使う
  • NTTデータ、自治体の情報公開を支援…電子地図を使う
  • NTTデータ、自治体の情報公開を支援…電子地図を使う
NTTデータは、電子地図を用いた情報公開を支援する自治体向けASPサービス「Geogate情報提供サービス」の提供を12日から開始した。

自治体による住民への情報公開は、「行政機関の保有する情報の公開に関する法律」に基づいて多くの自治体が情報公開条例を制定している。同社は、自治体のさらなる住民サービス向上を支援するため、自治体の保有する行政情報をNTTデータの地図情報配信プラットフォーム「Geogateセンタ」の電子地図上に格納し、インターネットを介して配信するサービスを開始する。

自治体がこのサービスを導入することで、住民は自由に公共施設や防災、福祉といった様々な情報をインターネット上の電子地図で閲覧確認することが可能となる。また、自治体からの情報提供だけでなく、住民からの要望や問い合わせを地図を介して受け付けることが可能となるため、自治体と住民の新たなコミュニケーションプラットフォームとして活用することも可能としている。

住民は24時間365日いつでも行政情報の閲覧参照が可能で、自治体管理者は位置と紐付けて行政情報を提供する事で効果的な情報提供が可能となるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集