ポルシェ 911ターボ のエンジンがベスト・パフォーマンス賞

自動車 ビジネス 企業動向
ポルシェ 911ターボ のエンジンがベスト・パフォーマンス賞
  • ポルシェ 911ターボ のエンジンがベスト・パフォーマンス賞
ポルシェAGは、『911ターボ』に搭載のエンジンがインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー・アワードの「ベスト・パフォーマンス・エンジン・アワード」を受賞したと発表した。

ポルシェはすでに2007年に3 - 4リッター・エンジン・カテゴリーで同賞を受賞している。今年度は総排気量3.6リットル、最高出力480PS(GT2モデルは530PS)の水平対向エンジンがBMW、フェラーリ、日産、アウディなどの強力なライバルを抑え、フリー・キャパシティ・クラスで第1位を獲得した。

911ターボ・パワー・ユニットは、エンジンの全回転域で排気フローの方向とタービン・ブレードに当たる角度の正確で効率的な制御を可能にする可変タービン・ジオメトリー(VTG)を持つ初のターボチャージャーだ。これにより、特に低回転域におけるフレキシビリティと加速性能を大幅に向上した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集