豊田通商3月期決算…増収増益 売上12.7%増の営業利益19.7%増

自動車 ビジネス 企業動向

豊田通商が発表した2008年3月期連結決算は、売上高は前年同期比12.7%増の7兆3億円と2ケタの増収となった。収益面でも売上げ増の影響で、営業利益が同19.7%増の1316億円となった。

金属本部は、自動車向けの需要が堅調だったほか、市況が上昇した。非鉄金属分野ではアルミ溶湯事業が好調だった。運転者支援や安全対応などのカーエレクトロニクスや自動車組み込みソフトビジネスの好調な機械・エレクトロニクス本部も増収だった。さらに、自動車本部も資源国や新興市場が好調で大幅増収となった。

経常利益が同26.8%増の1429億円となり、最終利益は、前期のトーメンとの統合による単体税負担軽減効果が無くなったため、同12.6%減の675億円だった。

2009年3月期連結決算業績見通しは売上高が同11.4%増の7兆8000億円、営業利益が同13.9%増の1500億円、当期純利益が同9.6%増の740億円となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集