【ジュネーブモーターショー08】電気自動車 Th!nk、初の本格量産へ

自動車 ニューモデル モーターショー
【ジュネーブモーターショー08】電気自動車 Th!nk、初の本格量産へ
  • 【ジュネーブモーターショー08】電気自動車 Th!nk、初の本格量産へ
  • 【ジュネーブモーターショー08】電気自動車 Th!nk、初の本格量産へ
ノルウェーのシンク・グローバル社は、新型の電気自動車『Th!nk City』(シンク・シティ)を、2008年ジュネーブモーターショーに出展した。

シンク社は1991年の設立。1999年にはフォードによる1億5000万ドルの資本参加を得て、事実上同社の電気自動車プロジェクト会社となった。しかし4年後の2003年にフォードが資本を売却。2006年からは新たにノルウェーのベンチャー企業のもと経営が続けられてきた。

今回展示されたシンク・シティは、同社にとって5台めのモデルで、初の本格的量産車種である。全長×全幅×全高は3120×1604×1548mm。乗車定員は2名だが、オプションで子供2名用シートも装着可能という。

シャシー/ボディ構造は、アルミ製スペースフレームとロワーフレームを組み合わせた上に、ABS樹脂製パネルで覆ったものだ。欧州・米国双方の安全基準に適合していること、およびリサイクル可能率95%がセールスポイントとしている。

同時に一部のボディパーツをトルコ生産にしたり、小さなパーツをフォードやプジョーからの流用にしたりすることでコスト低減も図っている。

電池のタイプはリチウムもしくはナトリウム電池である。充電には欧州の多くの国に普及している230ボルト電源のターミナルを使用し、フルチャージに要する時間は約10時間だ。
一充電での走行可能距離は180 - 200km、最高速度は100km/hである。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

  • TH!NKが新デザインで復活 画像 TH!NKが新デザインで復活
  • フォード、『TH!NK』の取り扱いで二転三転 画像 フォード、『TH!NK』の取り扱いで二転三転
  • 【池原照雄の単眼複眼】トヨタ iQ はプレミアムコンパクトとして登場 画像 【池原照雄の単眼複眼】トヨタ iQ はプレミアムコンパクトとして登場
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース