デンソー、中国にバスエアコン製造合弁会社を設立

自動車 ビジネス 企業動向
デンソーは子会社のGACとともに、中国の江蘇省にある杰信空調とバスエアコンを生産する合弁会社を設立することで合意したと発表した。

今年3月に、杰信空調とデンソーグループがそれぞれ50%づつを出資して、新会社「揚州杰信電装空調有限公司(仮称)」を設立する。

中国全域で幹線道路や高速道路網の拡充が進んでおり、都市間を結ぶ高速バスや観光バスの需要拡大も予想される。都市間高速バスや観光バスはバスエアコンの装着率が高く、新会社は、バスを主に生産する中国国内のバスメーカ向けにエアコンを供給する。

新会社の資本金は180米ドル(約2億円)で、杰信空調が50%、デンソーの中国統括会社が30%、GACが20%出資する。従業員は2010年に約150人で、売上げ目標は2010年に約50億円を目指す。

新会社は、杰信空調が持つ工場と設備を活用してバスエアコンの生産を2008年3月から開始する。

デンソーは、2000年から中国山東省烟台市でバスエアコンを生産しており、新会社は中国でバスエアコンを生産する拠点として2社目となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 近藤ホンダ副社長、「中国は新アコードで順調」 画像 近藤ホンダ副社長、「中国は新アコードで順調」
  • 豊田自動織機、中国でフォークリフトの現地生産を拡大 画像 豊田自動織機、中国でフォークリフトの現地生産を拡大
  • 中国はオリンピック後に不景気になる…スズキ会長 画像 中国はオリンピック後に不景気になる…スズキ会長

特集