【スバル フォレスター 新型発表】機能性ありきでスタイリング

自動車 ニューモデル 新型車
【スバル フォレスター 新型発表】機能性ありきでスタイリング
  • 【スバル フォレスター 新型発表】機能性ありきでスタイリング
  • 【スバル フォレスター 新型発表】機能性ありきでスタイリング
  • 【スバル フォレスター 新型発表】機能性ありきでスタイリング
富士重工業が12月25日に発表した新型スバル『フォレスター』のデザインコンセプトは、“スーツの似合うモダンなSUV”。これは先代から受け継いだ内容。

“フォレスターらしさ”を意識したポイントについて、スバル商品企画本部、デザイン部の富田邦裕さんは「フォレスターはオンロードとオフロードのバランスを考えてきたクルマです。そうは言っても、従来は言葉だけが先行していて、実質は曖昧になっていた部分があったと思います」と反省する。

「ですから更にわかりやすく、ボディの上部は洗練されていて、下部はSUVに見えるよう意識しました」

洗練させるなかにも、スバルならではの“縛り”があったようだ。「スバルは視界について、他社に比べ制約が厳しい面があります。リアクォーターウィンドウ周辺の後方視界を確保しながら、先代にあったリアクォーターピラーの折れを意識した形状としています」。

「ベルトラインも、トレンドに従えばもっと上げたいところです。トレンドでは、サイドウィンドウの上下高さは小さく、つまり輪郭はどんどん薄くなっています。しかし、トレンドを追いすぎるとお客さんが振り向いてくれなくなることも経験していますから」と富田さん。

 注目の新車は、今いくら? ユーザーアシスタンス
新車見積りのトップページはこちらから
新車見積りトップページのURLをメールで送る。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース