【スズキ パレット 発表】エアロ付き…売れている

自動車 ニューモデル 新型車

【スズキ パレット 発表】エアロ付き…売れている
  • 【スズキ パレット 発表】エアロ付き…売れている
  • 【スズキ パレット 発表】エアロ付き…売れている
  • 【スズキ パレット 発表】エアロ付き…売れている
  • 【スズキ パレット 発表】エアロ付き…売れている
スズキが24日に発表した『パレット』のラインナップにはエアロタイプも備わっている。

四輪技術本部、商品第一カーライン、チーフエンジニアの大西伊知郎さんは、「最近のミニバン市場を見ても、若い人にはエアロ付きがよく売れているというのはわかっていますので、ラインナップに加えております」と言った。

標準タイプとエアロタイプとで、明確にターゲットやキャラクターを分けるという狙いではないようだ。大西さんは、「あまりファミリー層の女性にターゲットをしぼるのでもなく、性別問わず乗っていただけるような商品にしています」と、加えた。

大西さんは、「今回、ボディの量感を強調することにものすごくこだわりました。ですのでホイールベースに関しても、伸ばしすぎるとフロントのラウンド感が出しにくいので、その点考慮しました」と言った。数値にすると、ダイハツの『タント』に対して、90mm抑えた、2400mmになっている。

スライドドアの真ん中のレールが、リアフェンダーに接近している点が目に付いたが、「開口幅を稼ぐために、レールの長さをできるだけ確保した結果の位置です」ということだった。レールは、リヤのコーナーRにまで及んでいた。
《》

編集部おすすめのニュース

特集