【マツダ アテンザ 新型発表】販社での試乗会を精力的に…若山常務

自動車 ニューモデル 新型車

【マツダ アテンザ 新型発表】販社での試乗会を精力的に…若山常務
  • 【マツダ アテンザ 新型発表】販社での試乗会を精力的に…若山常務
  • 【マツダ アテンザ 新型発表】販社での試乗会を精力的に…若山常務
マツダは29日、都内のホテルで新型『アテンザ』の発表会を行った。その席上、国内営業担当の若山正純常務執行役員は走りの点を強調し、販社での試乗会を精力的に行う方針を示した。

「アテンザは上質な走りにアップグレードしている。それをお客様に体験してもらうのが第一ではないかということで、あらゆる機会を通じてその場を提供していきたい」

そして、若山常務は新型アテンザの販売計画の内訳について、セダンが30%、スポーツが30%、ワゴンが40%とし、「旧型はセダンが20%だったが、新型はセダンにポテンシャルがあると思うので 増やした」と述べた。

ただ、月間販売目標の1500台については、井巻久一社長から「えらく遠慮しているな」と言われ、若山常務は苦笑いをしていた。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集