【マツダ アテンザ 新型発表】Zoom-Zoomを進化、そして

自動車 ニューモデル 新型車

【マツダ アテンザ 新型発表】Zoom-Zoomを進化、そして
  • 【マツダ アテンザ 新型発表】Zoom-Zoomを進化、そして
  • 【マツダ アテンザ 新型発表】Zoom-Zoomを進化、そして
  • 【マツダ アテンザ 新型発表】Zoom-Zoomを進化、そして
  • 【マツダ アテンザ 新型発表】Zoom-Zoomを進化、そして
  • 【マツダ アテンザ 新型発表】Zoom-Zoomを進化、そして
  • 【マツダ アテンザ 新型発表】Zoom-Zoomを進化、そして
マツダは、新型『アテンザ』で、販売価格を大幅に引き上げた。食料品をはじめ、商品、サービスの値上げが相次いでいる中で、自動車も例外でなく、はフルモデルチェンジを機に値上げする動きが強まりそうだ。

新型アテンザは、ボディやインテリアを一新したほか、安全装備を充実するなどした。このため、単純には比較できないものの、セダンは旧型の最廉価モデルが193万2000円だったが、新型は207万円からと、約14万円の値上げとなった。

スポーツワゴンも旧型が214万2000円からだったが、220万円からと、約6万円の値上げ。ただ、スポーツは旧型が224万7000円からで、新型が228万円からと小幅な値上げにとどめた。

物価値上げが相次いでいるが、自動車業界では、輸入車を除いて、表立って値上げする動きは出ていない。新車販売が低迷している中で値上げすれば、さらに消費マインドを冷やしかねないためだ。ただ原材料価格が高騰していることから、原価低減だけでは吸収できずに収益が悪化している。このため全面改良を機に、静かに値上げする動きは今後も増えそうだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集