住友電工システム、GPS携帯電話を使用した安全運転診断システムを販売

エコカー 燃費

住友電工システム、GPS携帯電話を使用した安全運転診断システムを販売
  • 住友電工システム、GPS携帯電話を使用した安全運転診断システムを販売
住友電工システムソリューションは、GPS携帯電話を使用した安全運転診断システム「トラフィック・ビジョン/SD(セーフティドライブ)」を28日から販売すると発表した。

このシステムは、同社独自の技術を用いることで、車両内のGPS携帯電話で急加速、急ブレーキ、急ハンドルなどの危険運転を把握し、事務所内のパソコン端末上に運転診断結果を表示できるため、高価な専用車載機が無くても安全運転や省エネ運転を支援することが可能だ。

システムは、端末装置として、導入コストが安価でアプリケーションによる拡張性の高いGPS携帯電話を採用するため、専用車載機や端末の取付工事が不要。運転者の走行パターンをサーバソフトウェアで分析し、安全運転指標や省エネ運転指標等の運転診断結果をパソコン端末上に表示する。

また、走行履歴に合わせて危険運転箇所を地図上に表示できるため、運転者への教育を通じて事故削減や車両燃費の向上へ結びつけることが可能となる。

GPS携帯電話端末から定期送信される車両位置をパソコン端末上に表示することが可能で、常に最新の車両位置を把握できる。位置情報などの送信は全て通信で行うため、帰庫時のメモリカードの抜き差しが不要。

このほか、同社の配送計画システムや動態管理システムとの連動で、輸配送に係わる業務を一貫して管理することもできる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース