ニスモ、ライトチューン部品事業を日産へ移管

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ニスモ、ライトチューン部品事業を日産へ移管
  • ニスモ、ライトチューン部品事業を日産へ移管
  • ニスモ、ライトチューン部品事業を日産へ移管
日産自動車は、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)の扱う「NISMO」ブランドのチューニング部品事業の一部を日産に移管したと発表した。

今回日産に移管するのは、一般道で運転を楽しむ顧客向けに企画・開発されたライトチューン部品に関する事業。ライトチューン部品は、今後、NISMOブランドとしてふさわしい車種に展開していく予定で、日本市場における品揃えの強化を図る。

日産への業務移管後初の企画開発商品(部品)は、近くマイナーチェンジする予定の『ティーダ』を対象車種とした「NISMO S-tune」パーツ(ライトチューン)となる予定。

業務移管よって全国の日産系新車販売店などで、顧客へのサービスの充実を図る。また、規模の拡大や、顧客の要望を現場から吸い上げる仕組みを充実させることで、一層市場ニーズに合った商品を提供できる環境を整えることにも注力するとしている。

海外市場については、対象車種、投入国を含めた拡大計画を今後策定する予定。

ニスモは、専門領域であるモータースポーツとヘビーチューン分野(部品及び特装車両)に効率よく注力し、モータースポーツ参戦から蓄積したノウハウを生かして企画、開発から販売まで取り扱う。

NISMOブランドのグッズ事業に関しては、2006年10月に企画から販売までの全業務がニスモから日産に移管されている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集