高くて買えない…消防車のガソリンを盗もうとした男を逮捕

自動車 社会 社会

熊本県警は14日、熊本県山鹿市内にある消防団の車庫に侵入し、消防車の燃料タンクからガソリンを盗もうとしていた21歳の男と17歳の少年を窃盗未遂容疑で逮捕した。2人は容疑を大筋で認めているという。

熊本県警・山鹿署によると、逮捕された2人は14日の午前2時30分ごろ、山鹿市菊鹿町木野付近にある地元消防団の車庫に侵入。保管されていた消防車の燃料タンクからガソリンを抜き取ろうとした疑いがもたれている。

車庫の近くを通り掛かった消防団員が人の気配に気づいて警察に通報。掛けつけた同署員が2人を発見し、ポリタンクや手動ポンプを所持していたことから窃盗未遂容疑で逮捕した。

調べに対して2人は「ガソリンが高く、自分のクルマに入れられないから盗もうと思った」などと話しているという。消防団の車庫は正面がシャッターで閉じられているが、緊急出動に備えるため、施錠はされていないという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集