トンネルの低コスト工法を新開発…阪神高速と三井住友建設

自動車 ビジネス 企業動向

阪神高速道路と三井住友建設は、開削トンネルの構築方法として、「側壁盛替え工法による開削トンネルの構築技術」を共同開発したと発表した。

側壁盛替え工法は、従来採用されてきた内梁盛替え工法や、切梁残置切断工法に代わる開削トンネルの構築方法。開削トンネル工事でのコスト縮減や工期の短縮、安全性の向上などが図れると、している。

側壁盛替え工法の適用では、躯体の設計手法としてコンクリートのクリープ特性を考慮した詳細な解析方法を導入することで、側壁盛替え工法の実用化が可能となった。この技術は、既に阪神高速道路発注の道路トンネル工事に適用しており、今後は新たな解析方法の妥当性やコスト縮減効果や工期短縮効果を確認しする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集