【マツダ プレマシー 改良】熟成されたユーロチューンド・サス

自動車 ニューモデル 新型車

【マツダ プレマシー 改良】熟成されたユーロチューンド・サス
  • 【マツダ プレマシー 改良】熟成されたユーロチューンド・サス
  • 【マツダ プレマシー 改良】熟成されたユーロチューンド・サス
  • 【マツダ プレマシー 改良】熟成されたユーロチューンド・サス
エンジンの改良が、マツダ『プレマシー』の今回のマイナーチェンジにおいて一番のトピックではあるのだが、じつはその進化以上に驚いたのが、足まわりの熟成ぶりだ。最近は、ガッチリと粘り、当たりも柔らかい欧州風の味付けで仕上げてくるマツダだが、主査の福永賢一氏は「さらにチューニングを加えて、多人数乗車でもしっとりとした乗り味になるようにチューニングしました」と胸を張る。

確かにただ突っ張るような感じではなく、たとえばちょっときつめの高速コーナーだと、最初に姿勢が決まったらそこからぶれることなく、すっとボディが沈み込む。そのままをしっかりと維持するなんていう芸当を見せてくれる。段差のいなし方もじつに絶妙だ。単純に粘る足という表現では表すことはできないフィーリングだ。

技術的には、まずリヤのジオメトリーを変えることで、乗車人数の変化にも柔軟に対応。またワインディングや高速でのレーンチェンジといった荷重の変化が急激に起こる場合でも、しっかりと路面に対して追従できるようになった。

さらに前後のダンパーをチューニングしつつ、フロントには積層バルブを採用することで、乗り心地の向上にも力を入れる。ちなみに「今回のマイナーチェンジでは、さまざまな解析も行ないました。たとえばレーンチェンジ時のシートへの体圧変化や、ドライバーの視線の移動量など。また、ホイールのたわみについての解析などのシミュレーションも行ない、走りを熟成させました」(福永氏)。

さすがに欧州で鍛えられているといい切るだけに、その煮詰めぶりは半端じゃないといっていいだろう。
《近藤暁史》

編集部おすすめのニュース

特集