アイケイ第1四半期連結決算…増収・営業増益 新規出店効果など

自動車 ビジネス 企業動向

アイケイコーポレーションが発表した2007年9 - 11月期(第1四半期)の連結決算は、売上高が前年同期比22.8%増の56億9200万円、営業利益が同17.2%増の3億5800万円と増収増益だった。

期中はオートバイ買取専門店「バイク王」を2店舗新規出店したことなどから買取台数は大幅に増加し、売上げ増に結びついた。また、オートバイ駐車場事業での事業地も拡大した。

経常利益は同7.8%増の3億6300万円となったが、当期純利益は同22.0%減の1億4100万円と減益となった。

通期業績見通しは前回発表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集