富士重工、ごみ処理機器販売などの子会社を解散

自動車 ビジネス 企業動向

富士重工業は、子会社の富士重工環境システムズを解散すると発表した。

富士重工環境システムは、ごみ処理システム機器の販売・アフターサービスを行っている。富士重の環境設備事業の見直しに伴い、その役割を終了したため、解散する。富士重工環境システムは赤字続きで、業績の低迷していた。

今年3月末までに清算する予定。子会社解散による富士重の業績に与える影響は軽微としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集