【日産 GT-R 解説】“速いハコ”という伝統と、新たなる価値観

自動車 ニューモデル 新型車

【日産 GT-R 解説】“速いハコ”という伝統と、新たなる価値観
  • 【日産 GT-R 解説】“速いハコ”という伝統と、新たなる価値観
  • 【日産 GT-R 解説】“速いハコ”という伝統と、新たなる価値観
  • 【日産 GT-R 解説】“速いハコ”という伝統と、新たなる価値観
  • 【日産 GT-R 解説】“速いハコ”という伝統と、新たなる価値観
  • 【日産 GT-R 解説】“速いハコ”という伝統と、新たなる価値観
  • 【日産 GT-R 解説】“速いハコ”という伝統と、新たなる価値観
スーパーカーを謳うならば、見た目の第一印象で驚き、衝撃を与えなければならない。美しいか否かは二の次ですら構わないはずだ。そういう意味で日産『GT-R』は、まさにその資質を満たしているといえるだろう。

そのスタイリングは、ネーミングからは外れた『スカイライン』GT-Rの伝統、要するに“速いハコ”であることを強く意識したものであり、また“日本”を表現しているともいう。

マーケティング本部マネージングダイレクターの加治慶光氏は「どう見てもあれは“スカイライン”GT-Rですよ。」という。要するに、それをもってスカイラインを含めた日産車のイメージを底上げし、往年のファンにもアピールし、それでいてスカイラインとは別の新たな価値を容易に与えることができた、といったところだろう。

しかしいっぽうで、パッケージングにはスカイラインGT-Rから大きな進化があった。最大の注目点はトランスアクスルレイアウトの採用だ。これはフロントに積まれたエンジンからギアボックスを切り離し、リアアクスル直前に置くレイアウトのことで、いうまでもなく前後重量配分の改善に繋がる。前後バランスは53:47前後だという。そのエンジンも、もはや直6ではなくV6のツインターボとされた。排気量は3.8リットル。これも当然、直列より搭載性に優れる。

ベースとなるプラットフォームは、もともとは開発責任者の水野和敏氏がまとめあげたスカイラインのFMパッケージを進化させたものだが、共通するのは基本概念とエンジンルームまわりのボディワークぐらいといってよさそうである。

そのボディもスチールとアルミ、カーボンを組み合わせたまったくの別物だが、その割には車重は1740kgと軽くはない。R34型スカイラインGT-Rは1540kgであった。しかし水野氏によれば、「車重は開発時の想定通り。重量物は徹底的に低い位置に収めている」とのこと。あるいは、その先は2008年秋に登場するとされる“スペックV”の役割なのかもしれない。
《島下泰久》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集