ジー・トレーディング第3四半期決算…業績好調 国内てこ入れが奏功

自動車 ビジネス 企業動向

ジー・トレーディングが発表した3-11月期(第3四半期)の連結決算は、当期純利益が前年同期比11.5%増の1億円となった。

売上高は同24.1%増の119億1400万円と大幅な増収となった。営業利益は同244.9%増の2億1900万円と3倍以上となった。国内事業で取り組んでいる中堅大手顧客の新規開拓を柱とした適正利潤の確保を重視した営業活動に注力したことから、利益率が大幅に改善した。

経常利益も同113.3%増の2億1700万円だった。連結子会社のサムライ・モータースや、ジー・バス販売の業績が回復していることも貢献した。

通期業績見通しは売上高が同18.7%増の140億円、経常利益が同138.8%増の2億7000万円、最終利益が同578.0%増の1億5000万円となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集