JFEの中国合弁工場が生産能力を増強へ 冷延プロジェクト起工式

自動車 ビジネス 企業動向

JFEの中国合弁工場が生産能力を増強へ 冷延プロジェクト起工式
  • JFEの中国合弁工場が生産能力を増強へ 冷延プロジェクト起工式
JFEスチールと広州鋼鉄企業集団有限公司は、主に中国国内の自動車や家電用の溶融亜鉛鍍金鋼板を製造・販売する合弁会社の広州JFE鋼板有限公司(GJSS)が冷延プロジェクトの起工式を行った。

GJSSは2003年12月に設立され、2006年3月には年産40万トンのNo.1 CGLラインを完工し、その後、順調に立上げてきた。今後とも増加が見込まれる自動車・家電を中心とする高級鋼への需要増加に応えるため、冷延鋼板製造設備、連続焼鈍設備、No.2溶融亜鉛鍍金鋼板製造設備を新たに建設することを決め、今年6月には中国国家発展改革委員会の批准を取得、7月31日に、合弁契約書を締結した。

2010年中の生産開始を目標に、工場建設を進める。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集