日本精工、タイヤのグリップ状態を検知・制御するEPSを開発

自動車 ニューモデル 新型車

日本精工は、タイヤグリップロス状態検知機能を持った電動パワーステアリング(EPS)を開発した。

新開発したEPSは、電子制御技術を活かし、タイヤのグリップ状態を検知する。タイヤの路面グリップが失われそうな状態になると、操舵トルクを補正することでドライバーに知らせ、グリップ状態での操作を促す。

さらに、グリップが失われたときには、グリップが回復するように操舵力を補正することで、ドライバーが正確なハンドル操作を行えるように支援する。これにより、特に滑りやすい路面での走行安定性を高めることに貢献し、また常にドライバーに安心感を与える。

EPSの電子制御システムのソフトウェアにグリップロス状態を検知する機能を付加することで実現する。従来型の車体に高価な重力センサーを装備する車両走行安定システムに対し、部品点数が少なく、競争力ある価格を可能になると、している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集